マソ語(あやちゅう用語)

りみくす@クリスマス島内の人気コンテンツ、@あやちゅうで主に使われる専門用語。 基本的にマソ(あやちゅう)と思われる空白が使用する。 以下にその一部を記す。

通過人数(今日:1/昨日:1/ 合計:514)

iRC【あいあーるしー】用語

  1. あやしいわーるど@iRCという、IRCを活動の場にしているグループの通称。かつては荒らしなど迷惑行為を行う輩の集まりだったが、最近鳴りを潜めた。マソをおちょくっていた事もある。マソの仮想敵の一つ。

上げ下げ【あげさげ】

  1. 2chのスレの上下と同様の概念。りみくすのトップページはトピックのリストとなっており、マソ煽りが立てた「@あやちゅう」と、マソの立てた「@先生連呼君」他のトピが常時上位に上がっている。マソはどうやら、自分の立てた@先生連呼君が上がっているとうれしいらしく、このトピが@あやちゅうより上にあるか下にあるかを非常に気にする。

アスペルガー【あるぺるがー】用語

  1. マソが最近覚えた罵倒文句。サルのように使いまくる。ボキャブラリが幼稚園児並みに少ないマソは一つの罵倒文句を最低3ヶ月は連呼する。

焦り【あせり】用法

  1. マソは自分と他人の区別が出来ない病気らしく、自分が焦っているときは他人が焦っていると思い込む癖がある。よって、焦り云々とマソが述べたときは、マソ自身が焦っている事を示す。

あやちゅう【あやちゅう】人物

  1. →少女マソ
  2. あやしい厨房
  3. あやしいわーるどIIの固定。ここでのあやちゅうは暫定あやちゅうを指す。
  4. 実はIIあやちゅうも少女マソの自演じゃないんですか?(´ー`)つまり本人だよね

あやちゅう語【あやちゅうご】用語

  1. あやちゅう(マソ)の発する独自用語。日本語をベースとしているが日本語ではなく、本人にしか理解できない内容である場合がほとんど。マソ擁護派(マソの自演)はすべてのあやちゅう語を理解できるため、本人の自演と一発でバレる(マソ本人はそうは思っていない)

荒らし【あらし】用法

  1. 主に@本店などをマソ自身が荒らした場合に、他人に転嫁するためこのように発言する。誰も気にしていないケースを自ら主張する、典型的かつ幼稚な知能犯と同類の挙動。

アリス【ありす】語

  1. アリスリデル。かつてあやしいわーるどで活動していたクラッカー。NHKニュースに出演、クラッキング本を商業出版、ワレズ撲滅会社を経営などし現在は大手化学メーカー勤務のエンジニアらしい。マソとは月とスッポン並みの人物だが、自身の日記で少々マソを罵倒した事を恨まれて数年間にわたるストーキング行為に晒された。マソは今現在も恨んでいる。
  2. マソは有名人を罵倒する事で、自分はそいつより上なんだと思い込もうとするため、その矢先に立たされている、がアリス本人はマソなど鼻にもかけていないようである。その事がマソをより一層苛立たせているらしい。

哀れ【あわれ】用法

  1. 反論出来ない時のテンプレレスの一つ。

慌てて【あわてて】用法

  1. マソはりみくす等の掲示板を他のあやしい板同様のチャットだと思っているため、レスが付かなくなると勝利宣言(最後に書いた方が勝ちという支離滅裂な論理)する。
  2. その後、煽りが再び書くと「(勝利宣言が悔しくて)慌てて戻ってきた」という事になるらしい。

言い返す【いいかえす】用法

  1. コピー&ペースト、貼り付け。【類】:連呼、ログ貼り付け
  2. マソに対するすべての反論の意。マソにとって反論は反論ではなく、単なる言い返しとしか認識されない。

言い訳【いいわけ】用法

  1. 明示的かつ理論的な反論に対するマソの返答のひとつ。マソにとって、肯定以外のすべては言い訳だと捉えられる。

一斉【いっせい】語

  1. マソは自分へのレスが途絶えたとき、「煽りはやっぱり一人しかいなかったんだ」と自分を肯定するために勝ち誇る。「一斉に煽りが消えた」など。

一日中【いちにちじゅう】用法

  1. マソ煽りはマソ擁護と違い大量に居るため、適当な時間に代わる代わる、本人たちは時間を意図せずにマソ煽りをする。これをマソは「マソ煽りは一人で一日中マソを煽ってる」と捉えた。

居場所【いばしょ】用法

  1. ネット上の住処。マソはあちこちの板を弾かれるので居場所を転々とする。尚且つ、自分がそうであれば煽りもそうに違いない、もしくは、自分と他人の区別が出来ない精神の病より来る妄想により、マソ煽りは居場所がなくなったんだ、と思い込む。実際に弾かれる等して本当に居場所がなくなるのはマソ本人のみ。

意訳【いやく】用語

  1. 反論できない場合に、相手の書き込みを支離滅裂な文字列に書き換えて「意訳してやった」と喚く。
  2. 単に書き換えるという行為そのものを「意訳」だと本気で勘違いしている。

薄っぺらい【うすっぺらい】用法

  1. 長文であればあるほど厚いらしい。ログ量を気にしたりするのも価値観が貧乏だからかと思われる。わびさびは理解不能らしい。

鸚鵡返し【おうむがえし】用法

  1. 言いたい事を逆の立場から言われてしまったときに返すレス。言い逃れられなくなったときに返すレスでもある。恐らくは「マソの脳内にあり、まだ発言していない内容だが既に発言したと同義の事を先に言うなんておかしい。これは鸚鵡返しだ」というわけの分からない理屈によって成り立っている。
  2. マソ煽りがおちょくりとして、マソの発言をそのまま返した場合に、勝ち誇るように言うこともある。

お断り【おことわり】用法

  1. 自分が弾かれた場合に「相手の書き込みが見れなくなった、つまり(俺から見て)相手は弾かれた」という理屈によって成り立つ。頭がおかしいなあアイツ、の意。文面ではなく隠された意味はこちら。【類】弾かれ、晒され、笑われ。
  2. ※あやちゅう語はあらゆる言葉を用いてもこの一点にしか意味を持たない、中味のない空疎な言語。

落ち着いて【おちついて】用法

  1. 自分が落ち着かなければいけない状態の場合に、相手に転嫁するために言う。「自分が落ち着けないんだから相手も落ち着けないんだろう」というわけの分からない理屈で成り立つ。

俺リアルポケモン持ってるぜ【おれりあるぽけもんもってるぜ】一般

  1. うそっ!

顔文字抜くと【かおもじぬくと】用法

  1. ひとこと自爆集。痛い。
  2. 多くの板で擬古猫を煽る時に使う決まり文句。あやちゅう識別用語。

彼【かれ】用語

  1. マソ煽りの事。マソは常に「自分を馬鹿にするのはたった一人だ」と思い込んでいるため、人称は単数。しかし稀に意図せず複数形を使う事もあり、文章能力が大変低い事を露呈している。

擬古猫【ぎこねこ】人物

  1. 仮想敵。【類】qwerty、群馬ニート、ユアニート、下衆、下衆ナッツ、生入ほか
  2. あやしいわーるど@暫定(閉鎖中)の元管理人。

決め付け【きめつけ】用語

  1. 明らかにマソ本人としか思えない自爆に対して突っ込まれたときに言う捨て台詞。擁護派は、マソ本人以外知りえない情報について(会社員である、工場勤務ではない、凄く綺麗な事務棟に勤務などなど)平気で語ることがあり、煽りに突っ込まれる場合が多い。この際にマソ煽りが「マソ発見」などと言おうものなら「決め付けだ」として怒る。

悔しがる【くやしがる】用法

  1. マソ煽りの論理的、もしくは単純罵倒に対してのマソの見解。マソは、韓国人が優しいと弱いの区別が出来ないのと同じように、呆れると悔しがるの区別など、感情表現がまったく分からない。

群馬ニート【ぐんまにーと】用語

  1. マソが偶然知りえたマソ煽りの一人のリモートホストが群馬だった事から命名。ニートはユアニートから来ており、本当にニートかどうかは不明。マソの仮想敵の一つ。

計測【けいそく】用語

  1. 一斉に消えるための言い訳。擁護派はマソの自演のため、マソが寝てしまうとマソ擁護は誰もいなくなる(たまにおちょくり派がおちょくり擁護をする程度)。これでは不利と考えたマソは「マソ煽りの自演を計測するんだ」と言い訳をし「擁護派に周知」させる事で、一斉に消える事の不自然さを覆い隠そうとした。問題はぁ界では、管理人クラスの告知ですら従わない人間が腐るほど居るのに対して、マソ擁護派だけは「一人の空白の提案」に100%従うということの不自然さ。
  2. 意味としては「マソ煽りの自演を数えてみよう」なので観察もしくは集計だが、学がないマソは意味も分からず難しい言葉を使いたがる傾向があり、計測の他、測定、観測などとも呼んでいた。

最後レス【さいごれす】用語

  1. 最後にレスをした方が(内容の如何に関わらず)勝ち、というぁ界の一般論に基づくが、マソの場合は「自分が寝る寸前に最後にレスをしたのは自分だから自分の勝ち」という意味。無論その後に煽りの書き込みが続いたとしても、「自分はもう寝ているから、最後に書き込んだのは自分だ」となる。
  2. トピックに長時間書き込みがなされない場合、一番上にある書き込みの事を指す

再利用【さいりよう】用語

  1. 俺の発言をパクったな!というような意味らしいが、多くの場合、誰もマソの発言などパクらない。単にマソがそう思い込めた場合に発する、これ自体が意味不明の妄言。

参謀【さんぼう】人物

  1. マソと口調がほぼ同じで、ほぼ同じ罵倒文句を使い、知的レベルも同一の擁護派固定。
  2. HNを消して自演したあと書き忘れ、指摘されると再びHNを入れた挙句、もう一度言って欲しいか?などとHNを消していた事を証明するバカさ加減に、マソ煽りたちも閉口。
  3. mxチャット(クネ鯖)に居るsanbouとは別人。ちなみにこちらはエリート。マソ参謀とは月とスッポン。

自演【じえん】あやちゅう用語

  1. 本来の自作自演の意味とは異なる。マソは延々と自分を擁護する自己レスを行うため、煽りがこれを「自演」と呼んだところ、マソも言い返してきた。マソの自演は明らかに同一人物の自演だが、マソ煽りは別の記事として書く事が多く、文体も異なり、マソ以外の誰が見ても自演とは思えないが、マソは自演だと言い張っている。自らに不利益な書き込みはすべて同一人物の書き込みとみなす。仮想敵を対象に煽ることが多い。

新参【しんざん】用語

  1. さも新しく来ましたよ私。を表現する。擁護派を増やしたいときに言う。【例】今来たんだが、ログ読んで来たんだが、しかし

少女マソ【しょうじょまそ】人物

  1. 通称「マソ」
  2. あやちゅうを名乗り、あやしいわーるどを荒らしまくるキ印の輩。こいつが居なければこんなwikiは立たなかった。mixiが本拠地。多くの板でBANされているが、BANされない「りみくす」「本店」などを活動の場にしている。2ちゃんねるが大嫌いで、一般語でも2ちゃん語扱いして怒り出す。現在44歳で塗装工場勤務である事が知られる。本人は自分を「技術者」だと言い張っている。技能者と技術者の区別がつくほどの知能はない。
  3. mixiの日記でqwerty管理人他を罵倒。りみくすのトピには決してマソハンドルでは書き込まず空白。ただし様々な自爆によりマソ本人がりみくす他で自己擁護している事が明らかになっている。
  4. 学力・知力は相当な低さらしく、「釣り」を行うとすぐに食いつく。りみくす等でマソを騙れば即座に「騙りだ!」というレスが付いたり、「マソは工場勤務じゃない!会社員だ」「マソの勤めてるところは新築社屋」「マソは無職じゃないよ」など、マソ本人以外まず知りえない情報を書きまくる。
  5. 自分と他人の区別が付けられない病気(演技でなく本当にらしい)。相手の動向は関係なく、自分が言われて悔しい単語を並べれば相手は絶対に悔しがると思い込んでいる。

先生連呼【せんせいれんこ】用語

  1. マソには「マソ」「マソちゅう」「マソちゅう先生」など様々な呼ばれ方があるが、どうも先生と呼ばれるとイラつくようで、「先生は○○だなぁ」などの書き込みが何度か続くと強烈な不快感を顕にする。このとき発するのが「先生連呼君」といった仮想敵と、それに対する煽り文句。

大発見【だいはっけん】用法

  1. マソのみが理解できる大発見である事が多い。ハゲネタのトピと@あやちゅうトピが一緒に上がっていた(とマソが思い込めた)場合などに、「マソ煽りはハゲだ」と大発見する。

長文先生【ちょうぶんせんせい】人物

  1. 煽り派が命名。自らのスキルを誇示しようとするときに、または相手の才能に嫉妬したとき出現するあやちゅうの第2形態。長い文章の端々にあやちゅう語をちりばめるのであやちゅう教の信者(本人)でないと解読は困難。]
  2. 擬古猫があやちゅうネタに参加し始めた時期に、少女マソから苦言を言われた時期とほぼ同時期に暫定本家に現れた、長文で擬古猫をたしなめようとした投稿者を指す

ですます調【ですますちょう】用法

  1. マソ煽りは複数であるが故、個人によって文章構造・表現等が当然異なる。嗜めるように、敬語表現を用いる者も居る。
  2. しかし、煽りが一人であると言い張りたいマソは「一人の煽りが書き方を変えてるんだ」と思い込んだ。
  3. マソは文章構造の差異を認識する事は出来ず、表現の違いのみに着目し、「俺を煽るたった一人の煽りは、プルったらですます調じゃなくなるんだ」と言い張った。

徹夜【てつや】用語

  1. マソは、煽りはたった一人と決め付けているため、夜中の3時や4時に書き込みがあると「マソ煽りは徹夜した」事になる。無職と判断する事もある。
  2. 工場作業員のマソは自らのタイムスケジュール以外を認識出来ず、世間的には祝日であっても自らは出勤している場合に、祝前日の夜中にマソ煽りがあったなら「煽りは無職」という証拠になると思い込んでいる。

友達【ともだち】用語

  1. マイミクのこと。しかし友達になろうとした人におまえはスパイだと怒る一面も。工場勤務である事から3交代制などで勤務しているが、それを恥ずかしいと捉えており、「友達と○○へ行ってきた」などと誰も訊いていないのに報告する場合もある。

生入【なまいれ】人物

  1. 暫定退避の管理人。マソにとっての仮想敵。
  2. 生入はデブ(^Д^)!
  3. あやしいわーるど@暫定(暫定退避)管理人。

なりすまし【なりすまし】用語

  1. 自分以外の書き込み。マソを擁護するのはマソの自演以外何者でもないので、本人の自分擁護以外はすべて他人と見抜ける。ごくたまに、マソの自演を真に受けてしまった人がマソを擁護すると、マソは「擁護派になりすました煽りだ」と言い出し、せっかくのマソ擁護を台無しにする。【類】自演、擁護

猫さん【ねこさん】人物

  1. 今嫌いな人。仮想敵の総称。【類】AGStar、宇多田レイパー、擬古猫、下衆ナッツ、深海、DaylightStar?、生入、しば(50音順)などのあやしいわーるど管理人、元管理人。群馬ニート、ユアニート、下衆、iRCなどの旧仮想敵。クソアマなどで呼称する女固定。固定。目立つ空白、反論してきた人物。〜〜煽り。
  2. →擬古猫を呼ぶときに使う。さん付けするのは他人を装うため。他の文体が変わらないため、マソ本人と容易に分かってしまう。

脳内【のうない】用法

  1. 正確には脳内というより精神活動の事だと思われる。マソの脳内には多数の小人が住んでいるらしい。

脳内マソ【のうないまそ】用語

  1. マソは、@あやちゅうなどで空白で暴れているのを指摘された場合、第三者を装ってこのように言う。

ハゲ【はげ】語

  1. 幼稚な罵倒しか考え付かないマソは、幼稚園児が最初に憶えた汚い言葉を連発するように、誰に対してもハゲハゲと唱える。マソお気に入りの罵倒文句。マソは論理的な罵倒の場合すぐに反論されてしまうため、このような単純かつ反証の出しにくい罵倒を好む。

弾かれ【はじかれ】用法

  1. 勝利宣言。実際には「煽りが寝た」程度の意味だが、こう勝利宣言することによってマソの欲望は満たされる。【類】晒され、笑われ

判定【はんてい】用法

  1. マソにとって計測と同義。一斉に擁護派が消えるための言い訳。

悲惨さ【ひさんさ】用法

  1. 意味が分かっていない。或いは字面だけの頭いいよ僕と主張する、またはその様。類・顔文字、正味、こんだけ

病院に行ってきたら?【びょういんにいってきたら?】用法

  1. ひとこと自爆集。痛い。
  2. 病院は精神科を指す。擬古猫に対してのレスで使う決まり文句。つまり、精神科に行ってきたら? となる。
  3. あやちゅう識別用語。

プルって【ぷるって】用法

  1. 自らプルったときは、相手がプルっていると思い込む。単なる自意識過剰と思いきや、自己と他人の区別が付かない分裂病の症状であるらしい。

プルプル【ぷるぷる】用語

  1. 致命的に煽られてしまって、返す言葉が思いつかないときに言い返す言葉。これが出るとマソはかなりのダメージを受けており、その後一言だけの罵詈雑言が続く。文字絵が出るようならまさに逆プルプル状態。

本家で引きこもってればいいのに【ほんけでひきこもってればいいのに】用法

  1. ひとこと自爆集。痛い。
  2. 本家、とは暫定本家ことあやしいわーるど@暫定を指す。擬古猫へのレスとして使う。あやちゅう識別用語。

まぁ【まぁ】用法

  1. そぉ。

マソ煽り【まそあおり】用語

  1. 自分以外のすべての人。他人のマソ擁護に対しては「擁護派なりすましの煽りだ」、中立観点の意見には他の煽り同様に扱うマソにとって、自分以外のすべての人はマソ煽り。もちろん擁護派はマソ煽りではないが、分裂病のマソは擁護派が自分の自演によって成り立っていると認識出来ず(あくまで病気であり、マソは意識していない)結局マソに関わったすべての人は煽りという事になる。mixiでマソがストーキングしている女のみ、煽りではない可能性がある。

マソに晒された【まそにさらされた】用法

  1. マソが日常的に用いるテンプレ。マソが晒された事は幾度となくあるのだが、マソが晒した事は一度もなく、単なる妄想もしくは願望。全く意味をなさない(少なくともマソ以外には理解出来ない)ログを貼り付けて証拠とする場合もある。

マソ憎み【まそにくみ】用語

  1. マソ煽りのこと。煽り側としてみれば、マソはオモチャにしていじる程度の価値しかないわけで、弄ばれる、哀れむ等の方が適切だが、マソにそれを識別出来るほどの学力はない。すべて、マソを憎んでの行動と捉えられている。

松下ニート【まつしたにーと】用語

  1. 松下グループの社員証をスキャンしてアップしたマソ煽りの一人。明らかにニートではないが、マソは「他人のをコピーしたんだ」「ネットで拾ったんだ」と言い張った。
  2. 同様に給料明細(手取り35万、背景に@あやちゅうを表示した画面入り)や、自分のデスク(職場、背景同様)をアップしたマソ煽りなど、どう見てもニートとは思えないマソ煽りたちに対し、マソはニート連呼。

無職【むしょく】語

  1. マソを含め、@あやちゅうに関係するすべての人は勤め人の可能性が高いが、マソは常に煽りを「自分より下」と見下したいためにニート、無職などと煽る。
  2. 無職だとする根拠は「昼間書けるから」などで、マソの勤め先にPCがない(もしくは自由に使えるPCがない)事を露呈する始末だが、マソとしては有効な判断基準らしい。

ユアニート【ゆあにーと】用語

  1. マソが偶然知りえたマソ煽りの一人のリモートホストがyournetだった事から命名。ニートについては工場作業員のマソが「自分より下だ」と言い張るためにnetをneetと読み替えただけ。実際にニートかどうかは誰もわからない。

擁護派【ようごは】用語

  1. マソを擁護(マソ擁護はマソ自身の擁護ではなく、マソ煽りを罵倒する事によって行われる)する人々をこう呼ぶ。
  2. マソの事は誕生日から年齢、職業まで何でも知っている。
  3. 何人いるのか誰もわからないが、特定の板に突然現れ、嵐のようにお互いにレスを付け合い、突然止む。
  4. 完全に誤りであると誰にでも分かる認識について、擁護派は誰も気づかない。
  5. 全員が、ここに挙げられるあやちゅう語を大変よく使用する。逆に、ここにない罵倒文句を使用する事は稀。

予測【よそく】用法

  1. あやちゅう先生の単なる希望。擁護派の行動で使う場合は予定表。

連呼【れんこ】用法

  1. ひとつ以上の煽り言葉を拡大解釈して言う時に使う。気に行った言葉はあやちゅう語として採用。

ログ持ってますよ?【ろぐもってますよ】用法

  1. 何らかのログを証拠として出すよ、の意。ただし出た試しはない。もしくは全く意味をなさない投稿を論い、言い張るときに使用。小学生が言う【俺リアルポケモン持ってるぜ】と同じ。

わらぃ【わらぃ】用語

  1. 文の最後に書くことが多い。焦っている時によく出る。これがでると相当テンパってるので不思議発言、タイプミスなどが頻出する。

英数字

qwerty【qwerty】

  1. 仮想敵。またはその様。
  2. あわしいわーるど@qwerty。または、あやしいわーるど@上海
  3. お断りされている。→広報室

記号

・・・【・・・】用語

  1. …のつもりらしい。・・・[変換]で…が出るのにわざわざこちらを使い続ける。ちなみに文法的には極めておかしい

(´ー`)【(´ー`)】顔文字

  1. あやちゅう用法では自分が優位に立っていますよ? を示す。その割には余裕の無い煽りをする時にしか用いない

(´ー`)y-~~【(´ー`)y-~~】顔文字

  1. マソは喫煙を嗜む。だがその銘柄は言わない。恐らくソシャールを恐れてのことだと思うが神経質すぎる気もする

(゚皿゚#)【(゚皿゚#)】顔文字

  1. 歯をむき出しにして怒っているとの擬態的用法。
  2. 昔、マソ煽りが書いたものを気に入って流用している。自ら作れるほどの能力はない。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-08-01 (金) 13:23:49 (3851d)